トップ ニュース 製品紹介 会社案内 お問い合わせ
 
製品一覧
製品案内トップ
IMAGE8000.DHV
IMAGE2000.DA Ⅱ
ラベルマーカー L-20
ペンマーカー M-65S
ALTIS-RP
APIS-4000F
APIS-4000B
IMAGE7000.PG2/4/4W
IMAGE7000.PES(W)
IMAGE3000.RDS/RDL
IMAGE3000.CDM
STシリーズ
TM-200L
粉粒剤異物検査装置 | IMAGE7000.PG 粉粒剤異物検査除去装置 | IMAGE7000.PG2/PG4/PG4W
 

異物検査除去装置IMAGE7000.PGシリーズは粉粒剤内に混入した異物を高速且つ高精度に
検出し自動除去する検査装置です。

 
 
検査方式
  1. メインホッパーに投入された粉粒剤は検査サブホッパーに定量供給されます。
  2. 検査サブホッパー出口には切り出しゲートが設置され定量厚みにて検査トラフに
    送り出されます。
  3. 検査トラフは振動加速搬送にて薄く、振動偏析にて欠陥を上層面に押し上げ
    検査部に送り出します。
  4. 検査部は高速高精度CCDカメラを用い欠陥を検出します。
  5. 検出された欠陥は幅方向8分割の自動排出機構にて不良排出されます。
 
特徴
【搬送技術】

独自技術(特許取得)により開発された搬送トラフは検査ホッパー出口から
検査位置に直線的3倍加速にて切り出しゲート出口層の1/3薄さにて
検査部に搬送します。
欠陥は振動偏析現象にて粉粒剤上層部に押し上げられ潜り欠陥を防止し
検査精度を高くします。

【撮像】

検査部は解像度24μmの高速CCDカメラを用い安定且つ高精度に欠陥検出を行います。

【照明】

独自のLED線状照明を用い顆粒剤でも
粒子影が発生せず安定した検出が
可能です。

【洗浄(接触部位)】

接触部位のパーツは特殊工具なしで簡単に取り外し洗浄が出来ます。
品種登録
  ワーク毎の検査条件(撮像条件・欠陥
サイズ)は品種に登録(120品種)
して、検査の際は品種を指定することで即座に条件設定が可能です。
 
検査実行
  品種選択、ロットNo.設定、ワーク投入で検査が開始出来ます。
検査中は検出された異物の画像が随時
表示され、最新の9画像までが画面上で
確認できます。
 
情報管理
  検査結果は検査毎に記録され検査ロット一覧の中から選択します。
検査結果の詳細は検出欠陥一覧表から個々の検出欠陥を確認できます。
また、4画像1画面で欠陥画像の確認も行えます。
   
   
 
基本仕様
下記は基本性能仕様です。
詳細は常設実験装置にて検証実験実施後決定となります。
*常設実験装置によるテストを受付中です。
Model IMAGE7000.PG2 IMAGE7000.PG4 IMAGE7000.PG4W
対象剤 パウダー、1.5mmφ以下の顆粒剤
検査可能色 基本色 白色
(白色以外の材料は実験必要)
検出可能基準
サイズ
点欠陥 黒色異物 0.2mmφ<
繊維欠陥 0.05mmX3mmL<
検出欠陥保証サイズは粉粒剤の形状、流動性、にて異なります。
(確認実験が必要)
排出方法及分割数 物理シャッター排出 幅方向8分割 PG4は16分割
検出方法 反射プレート上にて反射検出
検査搬送トラフ幅 200mm 400mm 400mm × 2列
処理量 #1 15~30Kg/h 30~60Kg/h 60~120Kg/h
カメラ台数と解像度 5150bit × 2台
解像度24µm
5150bit × 4台
解像度24µm
5150bit × 8台
解像度24µm
信号処理装置 #2 IMAGE2000.DAⅡ
電源 AC100V 単相 2kVA / AC200V 単相 1.5kVA
#1

処理量は測定材料の嵩密度、流動性、により異なります。
(実験確認が必要)

#2

高速表面検査用装置

 
外形図
※ 外形寸法は仕様に応じて変更する場合があります。
▲このページのTOPへ
 
 
プライバシーポリシー | サイトマップ
Copyright(C)2014 ASAHI SOKKI All Rights Reserved.